2016年06月30日

両口式点眼瓶(2個)…発掘品です!

IMG_0264MG.jpgIMG_0270JB.jpgIMG_0269FT.jpg この目薬ビンは、貝塚線沿線散策で発掘しました。昭和30年代の目薬ビンでしょうか。両口式点眼瓶です。

 エンボスは、写真左側「K99」、胴に「|(線)」、写真右側「K31」、胴に「|(線)」とあります。左側…長さ8.4センチ、幅2.6センチ、厚さ1.6センチ、割れ欠けありません。右側…長さ8.3センチ、幅2.6センチ、厚さ1.7センチ、割れ欠けありません。漂白剤、洗浄を2回、綺麗になりました。上部、下部の蓋はちゃんと残っていました
posted by ロンサム・チカ at 23:48| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江戸の華…森で拾いました!

063TB.jpgIMG_0253ED.jpgIMG_0259YY.jpg 






 このビンは、この前4月の福岡市の南公園周辺を散策した時に森の中で見つけた緑色のビンです

 初めて訪れた森を歩いていると、大木の根元に「あっ、佃煮ビンだ(心の声)」でした。佃煮系のビンにはよく出会います。文字を確認すると右書き…よし、持ち帰ろう…でした。海苔佃煮です。
IMG_0254YG.jpg
 エンボスは、右書きで「製屋柳」、「華の戸江」とあります。高さ9.3センチ、底径4.0センチ。割れ欠けありません。ところどころに気泡入っていて、胴の部分は八面になっています。

 
posted by ロンサム・チカ at 23:37| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お味噌汁…玉子、一味!

IMG_0248MS.jpg お味噌汁を作るのは、冬。でも、食べたくなって作りました。僕の好きなお味噌汁の具は、豆腐か、又はわかめ、そこに玉子を落として卵が固まって…食べる前に一味を少しだけ振って吸うのが一番です
posted by ロンサム・チカ at 22:50| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | これは美味い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

カレー曜日…牛乳!

IMG_0231cg.jpg カレー2日目は牛乳を加えてまろやかに、熟成+まろやか…美味い。2日目で完食です
posted by ロンサム・チカ at 20:26| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | これは美味い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

中央ソース瓶(欠け)…発掘品です!

IMG_0212ss.jpgIMG_0221kk.jpg 数か月前の筑肥線沿線散策で…最初土から出てきた時は「おぉーーー」と歓喜、そして「あぁーーー」と落胆でした。それは、一部が欠けていたからです。このタイプはめったに出会うことがないので…「ぁぁーー」でした。でも、これは珍ビンだったので持ち帰りました。
IMG_0214co.jpg
 エンボスは、「CHU-O BRANDO SAUCE」、「〇(に)中央 (ローマ数字のような)\(\が反対向き)」、右書きで「スーソ央中」、「社會……央中」とあります。「…」の部分は欠けた部分で文字が分かりません。

 高さ20.2センチ、底径5.3センチ。割れなし、裾の一部が欠けています。気泡と皺が入っています。
posted by ロンサム・チカ at 22:14| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガープの世界…観ました!

 1982年製作の「ガープの世界」観ました。製作年代と、ストーリーの概要を読んで面白そうと思い観てみました

 男の子として誕生したガープ。その誕生までの過程が面白いです。戦争で瀕死の重傷で入院していたガープ軍曹。瀕死の重傷なのになぜかいつも勃起していたガープ。看護婦のジェニー・フィールズ(グレン・クローズ)は「私がまたがると彼はたちまち射精してベビーが出来たの、彼はそのまま死んだわ」と。そして誕生した赤ん坊がT・Sガープ(ロヴィン・ウィリアムス)。

 成長するガープ。レスリング部に入り、レスリング部のコーチの娘に恋を…夫にするなら作家がいいわ…作家になることを決意するガープ。突然、母と息子はともに作家を目指し、ニューヨークへ旅立ちます。母ジェニー・フィールズは、自分をモデルとした「性の容疑者」という男に縛られない独立した女の半生期の小説を…それがベストセラーに。小説を機に女性運動家のリーダーとなっていく母。ガープも小説を…展開が早い

 ガープは結婚、2人の子供が生まれ。この映画、アメリカを凝縮したような映画でした。終わりよければ全てよしというハッピーエンドを想像していた僕でした。そうではなかったです…浮気、銃、別れ…人生の成功、成功者に群がる人、人間の愚かさ妬み…人生は繰り返される。母と息子が同じ死に方をするんです…この映画は、僕には悲劇…だった。
posted by ロンサム・チカ at 21:54| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カレー曜日…2杯!

IMG_0208ci.jpg 残りのカレーのルー(半分)を使ってカレー曜日。軽く2杯食べました。ルーが半分だからあっという間に鍋のカレーが消えていきます…やっぱりルーは全部を使った方が…カレーを作ったぁーーー感がありです。あぁー美味しかった
posted by ロンサム・チカ at 20:54| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これは美味い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

クリーム瓶…川で拾いました!

IMG_0199cb.jpgIMG_0203sd.jpg 筑肥線沿線散策の川で拾った白いクリームビン。拾った時には、茶色の錆色でしたが、胴の部分のデザインが可愛かったので持ち帰りました。たぶんクリーム状の物が入っていたんだと…クリームが薬なのか?、化粧品なのか?…分かりません。

 エンボスは、胴に「(アイスクリームが解け始めたような垂れのような凸)」があります。高さ5.2センチ、底径3.8センチ。割れ欠けありません。表面は、ツルツルではなく、胴を傾けて光の角度を変えると、細い細い波打った皺が入っています。
posted by ロンサム・チカ at 21:43| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

烏犀圓容器…川で拾いました!

IMG_0194ui.jpgIMG_0192nk.jpg 随分まえに佐賀散策で川で拾った陶器の容器。これまで何個か拾ってます。だいたい蓋と容器が別々に落ちていて、それを拾って組み合わせて…1つの完成品になります。

 白に青色の文字がいい。今回の文字は、軽〜いぼかしが入っているような感じです。文字は、「登録 (ロゴ)商標」、「佐賀 烏犀圓 野中」とあります。佐賀の名薬、野中忠兵衛が作った佐賀の名薬、烏犀圓(ウサイエン)。効能は滋養強壮です。この容器に練り状の物が入っていたんだと思います。

 高さ1.7センチ、直径4.7センチ。割れ欠けありません。
posted by ロンサム・チカ at 21:33| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

灯明皿…川で拾いました!

IMG_0184tm.jpgIMG_0186ur.jpg すじぶん漂白剤の中に入れていました…ずっと。これで何個目だろう

 灯明皿が落ちているこの川は、小さく欠けたものが多く出てきます。完品に近いものは少なく、今回のような一部が欠けているのも少ないです。だから発見した時は「やったぁー」ですね。

 高さ2.5センチ、口径5.2センチ、高台径4.3センチ。割れなし、欠けあり。
posted by ロンサム・チカ at 22:56| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海苔瓶(欠け)…発掘品です!

063HB.jpgIMG_0178nb.jpg 今年の春の筑肥線沿線散策で発掘したビン。出てきたときは「やったぁー」でした…が、確認していると底の一部が欠けていました。僕にとっては珍ビンだったので持ち帰りです。たぶん、海苔ビン(糊ビンから訂正)だと思います。

 エンボスは、ビン裏に「◇(に)F」とあります。「F」といえば、不易糊の「F」しか浮かびませんが…違いますね。

IMG_0177kk.jpg
 六角形で高さ11.4センチ、底径6.1センチ。割れなし、底の一部が欠けていて、そこから1本口にかけてヒビが入っています。

 「訂正」は、ぼとるそうどうさんのご指摘により、糊ビンと間違っていた部分を海苔ビンに訂正しました。ありがとうございました。
posted by ロンサム・チカ at 22:47| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大名・福岡城址散策E…刻印、今日の空!

IMG_0080jj.jpgIMG_0157kk.jpg 外堀から福岡城址へ…下之橋御門から黒田如水隠居地(三ノ丸御鷹屋敷)、名島門から松ノ木坂から城址に入り…ゆっくり散策です。下之橋御門にある石垣に刻印を見つけました。今回は、「十」のような刻印見つけました。もしかして槍の刃を想像して彫ったのかも。

 今日は、球技場では少年サッカー、野球場では野球をやってました。サッカーが終わった後には、整備が始まり…ライン引きが…あの特徴的なラインは…明日はラクビーですね

 今日は、雨模様だったせいか、散歩する人は少なかったです。でも、欧米の人、良くすれ違いました

 空を気にしながら散策。再び西の空を雲が覆いだしてきたので…帰ろう…でした。

 帰って洗濯、シャワーで汗を流しました。
posted by ロンサム・チカ at 22:27| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大名・福岡城址散策D…睡蓮の葉、花!

IMG_0065sh.jpgIMG_0072sh.jpg 「よしっ、下之橋御門の外堀へ行ってみよう(心の声)」。あそこには、違う種類の蓮があって、色も違います。いや、あれは蓮ではなくて睡蓮(すいれん)ですね。

 外堀の淵の歩道を西へ…歩いているとパラパラと雨粒が降ってきました。空が我慢できなくなったか…大丈夫かな。上空は鉛色、西の空を見ると、明るくなっていました…「うん、大丈夫だ(心の声)」。僕の読み通り、パラパラと降ったものの、少し時間が経過すると雨止みました。

 睡蓮の葉は、水面に這うように育ち、睡蓮の黄色い花はこれも水面から少し顔を出すように、また、這うように咲いていました。睡蓮の葉は、個性的ですね、切れ込みが入っています。
posted by ロンサム・チカ at 21:51| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大名・福岡城址散策C…蓮の花、葉に雨粒!

IMG_0029HH.jpgIMG_0056AT.jpg 行ってみよう、福岡城址の外堀です。「もう咲いているだろう、蓮の花(心の声)」。

 近づくと、見えます見えました花が…まだ満開とはいきませんが…咲いていました。まだ、蕾もありましたが。大きな蓮の葉の上には雨粒が溜まっています…銀色だ。ここは、裁判所前の外堀。
posted by ロンサム・チカ at 21:35| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大名・福岡城址散策B…古本屋の風景!

IMG_0005fh.jpgIMG_0007FJ.jpg それから古本屋へ行き。本を1冊、数分で1冊選ぶことできました…早い。この古本屋は老舗ですね。店の外に止めてあった自転車、古本屋にはこの手の自転車が似合います
posted by ロンサム・チカ at 21:26| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大名・福岡城址散策A…築141年、天井、梁!

IMG_9996ti.jpgIMG_9998hr.jpg 大名にもまだまだ古い建物がいくつか残っています。僕が知っていたのは、昔、酒屋さんだった建物、一目見てひと昔もふた昔も古い日本建築だと分かります。玄関の引き戸もいい。少し眺めて…古本屋へ行こうと歩いていると…。

 エンジョイスペース大名という多目的スペースで「6.19 福岡大空襲 大名はあのひ」という展示をやってました。中では、空襲時の写真、資料等の展示されていて…少しだけ話を聞くことができました。玄関前の看板には「71年前、1945年6月19日、午後11時11分、米軍機「B29」221機飛来、大名地区の94%を焼失、家屋2800戸を焼失、12000人が被災、そして91名が亡くなる。この建物は、その時、地域のバケツリレーによる消火活動によって焼失を免れ、今に現存し、築141年となる」と説明文が書かれていました。明治8年(1875年)築ですね。

 この建物も古いんだ…と改めて思い、焼け野原となっている写真を見て、人の力、復興力の強さを改めて認識しました。

 天井を見上げると、その梁の多さに驚きました…大小の梁が入り組んでます。



 
posted by ロンサム・チカ at 21:18| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大名・福岡城址散策@…朱色の鳥居、広い更地!

IMG_9978sk.jpgIMG_9977ss.jpg 雨が降ってない…出かけよう。朱色の鳥居に小さな祠がある神社・白鬚大明神(しらひげだいみょうじん)で散策の無事を祈りました。この前を通る時は、必ず手を合わせています。

 ここ最近、この辺りには1つ、2つと更地が目立つようになりました。この前まであったのに…更地に。その1つ…この更地は、昔、銭湯があったんです。銭湯がなくなって1階がお店になって、何回かお店が変わって…そして全てがなくなりました。お風呂屋さんだけに更地も広いです。
posted by ロンサム・チカ at 20:33| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

雨は心だけ濡らす…読み始めです!

 今日から「雨は心だけ濡らす」北方謙三、読み始めです。書店の本棚を行ったり来たり、5往復ぐらい…。そして、決めたのがこの本でした。北方謙三は”初”ですね。プロフィールに唐津生まれとあったので、唐津散策が好きな僕にとっては身近に感じられて…選びました
posted by ロンサム・チカ at 20:40| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

片眼の猿…読み終えです!

 「片眼の猿」道尾秀介、読み終えです。密閉型で縦長でばかでかいヘッドフォン、これが盗聴探偵のトレードマーク。探偵のヘッドフォン、盗聴する以外に自分の異様な耳を隠すための意味もあったんです。乗っているのはミニクーパー…この車種も探偵だなって感じで読んでいたんですが、最後の最後にこの大きさが、大きな意味を持っていたんです

 2回建てのアパート、エレベーター付き、個性豊かな住人達。住人も意外な姿をしていました、そうきたか!。

 道尾秀介の小説を読んでいると、いつも”これは?”と考えながら読む習慣を身につけておかなければいけません。そうしないとあっさりと裏をかかれます。この「異様な耳」の文字にも…僕は、異様という文字から形を想像しました。何らかの事故、事件に巻き込まれて耳の形が大きく変わっているのだろう…と。しかし、違った、形じゃなかった

 思い込ませるのも上手いです。盗聴探偵は、昔、”秋絵”と一緒に暮らしていたことがある。秋絵=女性と思い込ませる。スラリとした女性だと最後まで思っていました…ところが。

 僕にしては、読み終えるのが早かった。それだけ面白かったのに違いありません。あの場面がなかったら完璧に近かったのに…。盗聴探偵が、事務所に誘い込まれ暴行を受けます…そこに乗り込んできたのがアパートの住人。そしてミニクーパーを運転していたのが…いやーそれはないでしょって。なぜ、ミニクーパーにしたのかが分かった瞬間でした。あの場面だけですね、あの場面がなかったら。
posted by ロンサム・チカ at 20:36| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期日前投票…すんまっせん!

IMG_9968sk.jpg 期日前投票へ行ってきました。まずは、博多やまかき小僧「すんまっせん」に挨拶です。勢いよくとばしていました。ここへ来ると、噴水時計の両脇から向き合った2人の博多やまかき小僧が迎えてくれます。
posted by ロンサム・チカ at 19:56| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カレー曜日…2日目!

IMG_9961CR.jpg 昨日は、カレー曜日2日目。食べ終えでした。ルーを1/2だけ使ったのであっという間に鍋から消えました。2日目のカレーはお椀1杯…1日目に食べ過ぎた。あぁー美味しかった
posted by ロンサム・チカ at 19:35| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | これは美味い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

冷ややっこ…生姜で!

IMG_9406YS.jpg 冷ややっこ。生姜をたっぷりとすって、醤油を垂らして…僕の好きな豆腐はソフトです
posted by ロンサム・チカ at 21:27| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | これは美味い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

破壊王…飲みました!

IMG_9957HO.jpg ちょっとまえにもらった芋焼酎を先日呑みました。初留取りの芋焼酎「破壊王(はかいおう)」43度だ。43度という度数にしては飲みやすく、ほんのりとした芋の香りがいい…ぐいぐい進みました。コバルトブルー、細いボトルのデザイン、さらに破壊王という名前がいい。ごちそうさまでした。
posted by ロンサム・チカ at 21:18| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒は美味し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

井上陽水…断絶(アルバム)聴きました!

 音楽CDの棚から昔買っていた井上陽水の「NO SELECTION 井上陽水全集」(1991年12月11日発売)のCDアルバムボックス…DISCは16枚入っていて、最初のDISC 1「断絶」を取り出して聴きました。「断絶は」1枚目のアルバムで1972年5月1日にリリースされています。
 
曲目リスト。
1. あこがれ
2. 断絶
3. もしも明日が晴れなら
4. 感謝知らずの女
5. 小さな手
6. 人生が二度あれば
7. 愛は君
8. ハトが泣いている
9. 白い船
10. 限りない欲望
11. 家へお帰り
12. 傘がない
です。

 最近、聴いていなかったCD。懐かしい若き日の陽水の声が聴けました。「断絶」も「感謝知らずの女」も「限りない欲望」も「ハトが泣いている」も好きだけど、1曲目の「あこがれ」は良かったです。ほとんど歌わない、聴けない陽水の曲なので新鮮な感じがして、まるで新曲のような…良かったなぁー
posted by ロンサム・チカ at 21:28| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カレー曜日…1日目!

IMG_9934cr.jpg カレーが食べたい、作ろう…カレー曜日にしました。1日目、具はいつもより小さく刻みました…にんじん、じゃがいも、玉ねぎです
posted by ロンサム・チカ at 21:04| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これは美味い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

ウィスキー瓶…発掘品です!

122HK.jpgIMG_9908JD.jpg 掘って掘って出てきたビンがウィスキーのビンでした。たまに発見して取り置きすることが多いんですが、掘った汗に感謝して持ち帰りました

IMG_9912HS.jpgIMG_9917UR.jpg
 エンボスは、胴に「◇」、胴の中央に「◇ ’」、「JAPAN DISTILLING CO.、LTD」、ビン裏に「2」とあります。高さ14.9センチ、横幅7.7センチ、奥行き3.2センチ。割れ欠けありません。胴の一部に打撲痕あります。いつかは、このビンで、蓋付きのビンに出会いたい
posted by ロンサム・チカ at 22:35| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸善アテナインキ瓶…発掘品です!

IMG_9883MZ.jpgIMG_9887CC.jpgIMG_9889MI.jpg このインクビンは、約3か月前の貝塚線沿線の森で発見しました。掘って掘って出てくるビン。森を何気なく歩いていて落ち葉の上にポツンと1つ落ちているビン…このビンは、後者の方です、幸運です

 エンボスは、「MARUZEN’S ATHENA INK」、ビン裏に「〇(に)M 12」とあります。高さ6.2センチ、底径5.5センチ。割れ欠けありません。丸善アテナインキ、「インキ」っていいです
posted by ロンサム・チカ at 22:11| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コバルトブルーのガラス(絶縁体)…川で拾いました!

IMG_9539GZ.jpgIMG_9903AM.jpgIMG_9894KB.jpg 先日の室見川で小石の間に落ちていたコバルトブルーのガラス。丸くて…「何だ(心の声)」。このガラス、川でも森でもたまぁーーーに発見します。調べると、電球ソケットの内部にあるガラスの絶縁体だそうです。

 それにしても”美”です。工夫すれば、ガラスのコマに変身ですね。直径2.4センチ、高さ0.9センチ。割れ欠けありません。
posted by ロンサム・チカ at 21:53| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レ・ミゼラブル…観ました!

 約半年前に買っていたDVD。「Les Misérables(レ・ミゼラブル)」やっと観ました

 これぞミュージカル映画。ミュージカルファンにはたまらない映画だと感じました。そんなにミュージカルにのめり込むことのない僕にとっては少々重圧を感じました。

 今回の作品は、2012年で、僕が観たレ・ミゼラブル作品は2作目です。1作目は1998年作品(DVD)でした。これが良かった。この映画を観て良かったので2作目を観てみようと決めたんです。が、1作目の方が僕には、1つも2つも星が多かった作品でした。
posted by ロンサム・チカ at 21:41| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

Archie Shepp…聴きました!

 ジャズのCDの棚から…今日は、ほんと何年かぶりにArchie Shepp(アーチー・シェップ)「St. Louis Blues」を取り出して聴きました。アーチー・シェップ(tenor sox)、リチャード・デイヴィス(bass)、サニー・マレイ(drums)、。アーチー・シェップの低音のサックスがいい、心に染み入るようにゆっくりとテンポを刻んで響きます

曲目リスト。
 1. St. Louis Blues
2. Et Moi
3. Blue Bossa
4. God Bless The Child
5. Total Package
6. Steam
7. Limbuke
8. Omega

 です。
posted by ロンサム・チカ at 20:06| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水餃子…汗が!

IMG_9858SG.jpg 焼きか、水か…迷って水餃子です。酢に醤油、カラシをたっぷりとつけて…アツアツの水餃子を…熱い、美味い、汗が出てきました。一緒にブロッコリーも。
posted by ロンサム・チカ at 19:41| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | これは美味い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

片眼の猿…読み始めです!

 「片眼の猿(かためのさる) One-eyed monkeys」道尾秀介、読み始めです。探偵ものです、面白そう
posted by ロンサム・チカ at 21:35| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

枯れ蔵…読み終えです!

 「枯れ蔵(かれぐら)」永井するみ、読み終えです。農業ミステリーという裏表紙に書かれていた文字に…面白そうだ…と読んでみようと。これもミステリーかぁ…。1つの我を忘れた復讐劇ですね。

 突然、富山県の水田の稲に害虫が発生。それも富山県にだけ…なぜ?。しかもその害虫は既存の農薬が効かない。どうする、そこに新農薬を売り出してきた化学メーカー。食品会社、農薬に頼らない有機米組合、米の卸売り業者、農業試験場、農協、肥料と農薬などを扱う化学メーカー。そこに旅行会社の自殺したツアコンの女性が絡んできます。

 富山だけに農薬の効かない害虫の発生は不自然、他の県にはない。どこからやってきたのか、もしかすると誰かが故意に害虫を撒いたのか…そんなことができるのか。一番怪しいのは化学メーカーだと疑いました、僕は…普通そうですよね。でも、これは、自分の仕事を忘れてなりふり構わずの復讐でした…自分の首を絞めるような好きな女性のためなら。

 ん〜〜少しだけ米と害虫とには詳しくなったけど、ハラハラドキドキ感がもう1歩でした。

 
posted by ロンサム・チカ at 21:32| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

室見駅〜赤坂駅まで散策L…夏の藤棚、シオカラトンボ!

IMG_9794FD.jpgIMG_9837ST.jpg 大濠公園に来たということは、大通りには大濠公園駅が…俺、歩いているぞーって、この時思いました。大濠公園まで来ると、終着駅まで1駅、溜まってきた疲れが取れたような感じです

 ありました大濠公園にもヤマモモの木が…室見川沿いのそれと比べると、実が小さかったです。軽い坂を上がって広場に…そこから名島門を通って、藤棚へ…ここは夏もいいです。藤棚名の新緑が完全な木陰を作っていてひんやり、休憩どころに。でも、藪蚊がよってくるかも。

 それから東へ歩いていつもの福岡城址。外堀の蓮を見ながら歩いて…写真を撮っていると、背後から「咲いてませんね」とおじさん、手には一眼レフカメラを持っていました。まだ、蓮の花は、咲いていません。硬いつぼみがありましたが、あと少しのようです。咲いていると思って綺麗な花を激写に来たようでした。

 蓮の葉の先にトンボが止まっては、飛び去って、再び止まり、飛び去って…これを繰り返していました。蓮の花にカメラを向けて待っていると帰ってきたぁーシオカラトンボですね、白と黒が綺麗です。

 この辺りは、地下鉄・赤坂駅…歩いたぁーーー唐人駅から赤坂駅まで…少し疲れた、水分補給、飴玉補給だ。外堀の橋に来ると1つだけ花が咲きかけていました。

 帰って、お風呂からあがって…そこではじめて気づきました…足に疲れが溜まっていることを…マッサージだぁーでした
posted by ロンサム・チカ at 23:24| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室見駅〜赤坂駅まで散策K…水路口、駄菓子屋!

IMG_9746SG.jpgIMG_9753DS.jpg 昔かった橋、現在は横断歩道を渡って東へ歩きます。この辺りは、地下鉄の唐人町駅辺りです、通過。けっこう、歩いてるぅーーー。歩いていると、警察官が立っています…「あっ、あのエリアか(心の声)」。通行止めのような盾があったので…「ここ大丈夫ですか?」(僕)、「大丈夫です」と警察官、歩行者は大丈夫のようです。大濠公園川へ、そこにも警察官が立っていて「こんにちは」と警察官、「こんにちは」(僕)、意外の笑顔での対応でした。

 大濠公園です。目の前に現れた舞鶴橋を眺めて…濠の岸の木陰にはカモが幾羽も羽を休めています。ザァーーザァーっと勢いよく大量の水が吐き出されています。濠に沿って走っている水路への水供給口です。この水路を見ていると、「おっ、魚だ(心の声)」。魚が住んでいるんですね…今まで気が付かなかった。

 濠沿いに歩いていると、売店が…そこには右書きで「こばた」の看板があって…昔の駄菓子屋を思い起こさせる雰囲気が漂っていました。こんな店あった??、忘れていただけなのか?…わからない。この辺りはあまり歩かないから
posted by ロンサム・チカ at 23:06| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室見駅〜赤坂駅まで散策J…かつては川、橋が!

IMG_9727YN.jpgIMG_9729KH.jpg 再び裏通りへ戻り、東へ東へ歩きます。四つ角に来たところに石柱、案内板がありました。石柱には「やな橋」と、ここは唐人町西の交差点から南へ入った四つ角の交差点です。

 やな橋(簗橋)は、かつてこの場所にあった菰川(こもがわ)に架けられていた橋の名。1800年代初めの福博古図には「古簗橋」とその名が記されていて、唐人町から地行西町(現在の今川一丁目付近)に抜ける唐津街道のこの地にあったそうです。橋の名前になっている「簗」とは、魚を捕るための仕掛けで江戸時代この近所に簗所があったことからその名がつけられたそうです。

 ここにかつては川が流れ、橋が架けられていたんだ…としばらく眺めて位置を確認でした。橋もなくなり、菰川は、今では地下の水路になっているらしいです。
posted by ロンサム・チカ at 22:46| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室見駅〜赤坂駅まで散策I…参道からの山門、蘇鉄!

IMG_9680KS.jpgIMG_9705ST.jpg 再び一本裏に入った道を東へ歩いていると緑が目に飛び込んできました…鳥飼八幡宮でした。ここは縁結びの神、南側の鳥居があって参道を大木が覆って…木陰が多し、涼しいです

 息吹(いぶき)の大銀杏、夫婦楠(めおとくす)が木陰を作っています。大木の注連縄にはご縁結びの紐が沢山結ばれています。山門の屋根に落ち葉が積もっている風景が良かったです。

 木陰で水分、飴玉補給でした。参拝して、不老水を飲み、なでうしを触って、千年蘇鉄を眺め、石に刻まれた恵比寿さんに手を合わせ…後にしました。蘇鉄は凄かったです…あまり見ることのない老齢な蘇鉄。幹を支えている石柱が何本もあって、明治の年号が刻まれていました。100年は軽く経過している蘇鉄です。

 八幡宮内に神社には異種な建物があって…なにかなぁーって観察していると写真スタジオでした。
posted by ロンサム・チカ at 22:27| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室見駅〜赤坂駅まで散策H…煉瓦塀、サボテン!

IMG_9665RB.jpgIMG_9674SB.jpg お寺を出て裏通りへ入る道を歩いていると、レンガ塀が現れました。まだ残っています…これは戦後か戦前か。戦後の復興期に作られた煉瓦、近くで見ると貝、小石が混ざっています。裏通り、一歩歩けば、なにかある…ですね

 裏通りには、何かある。歩いていると、家の庭に巨大サボテンが…天候と土がサボテンの成長に合っているんでしょう、ウチワサボテンの一枚一枚がデカい。黄色い花が咲いていました。いつか屋根を超すな
posted by ロンサム・チカ at 21:09| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室見駅〜赤坂駅まで散策G…座像と高層ビル、内を治める!

IMG_9653KE.jpgIMG_9655NZ.jpg 樋井川の新今川橋。大通りを歩いていると、もう地下鉄の西新駅を通過していました。道路沿いに「貝原益軒先生墓所」と刻まれた石柱発見。「この辺りに墓が…(心の声)」。見回すとお寺があります。もしかして…訪れるとありました墓。

 すぐに案内板があって「寺伝によれば、永正5年(1508年)怡土郡高祖村(いとぐんたかすむら)(現在の糸島市)に領主原田氏の菩提寺として創建されました。慶長16年(1611年)に一時荒戸山に移転し、慶安2年(1649年)福岡藩二代藩主黒田忠之(くろだただゆき)によってこの地に移されました。境内には、近世福岡を代表する学者貝原益軒(かいばらえきけん)とその夫人の東軒(とうけん)の墓、益軒の銅像、大正から昭和初期に活躍した倉田百三(くらたひゃくぞう)の文学碑があります」と。
 
 「行ってみよう(心の声)」。山門をくぐり、「どこに墓は、どこに銅像は…あるんだろう(心の声)」。ゆっくりと歩を進めてありました…一段高い所に銅像、座像ですね、その横に墓がありました。墓に手を合わせ、銅像を見上げました。「えっけん、せんせーーーい」。

 執筆中の貝原益軒先生、その背後には2016年の高層ビルの風景が…1600年代と2016年、時代を超えた風景がなんだか良かった

 帰る時に山門の両脇には金剛力士像がありました。山門には2体の金剛力士像。普通、寺を守るために外側(本堂とは逆の方向)を向いていますが、金龍寺の金剛力士像は内側(本堂側)を向いていました。調べると「…にらみを利かせてまずは内を治め、その徳が外に照り返ることで家庭や国が良くなるという「回向返照(えこうへんしょう)」の教えから。山門に掲げられている額にも「返照」と書かれています」という記事見つけました。なるほど
posted by ロンサム・チカ at 20:51| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室見駅〜赤坂駅まで散策F…綿帽子、鉄のアーチ!

IMG_9612AM.jpgIMG_9616SK.jpg 元寇防塁跡に来るまでに地下鉄の藤崎駅を通過していました。近くには防塁前のバス停があり、元寇防塁跡周辺には学校が集中しています。

 学舎沿いの道を歩いていると、多くの綿帽子をつけた植物がありました。その横には写真付きの案内板があって「キバナスズシロ」とありました。この植物がこの綿帽子を付けるんだ…と、想像していたんですが、帰って調べると全く違っていました。謎の植物となり、調べていると、多くの綿帽子を付けていたのは、はっきりとは分かりませんがアザミの一種のようです。僕が見た場所には何種類かの植物が植生していたので…間違えたようです。

 東へ東へ歩きます…大通りから一歩入った道を。川が現れました、樋井川です。両岸を結ぶように鉄管がアーチを作っています…これは水道管か?。この風景が樋井川河口の特徴です。この川にも川へと降りる石段がいくつか設置してありました。今ではコンクリートの壁が設けられて、降りることもできなくなっていますが昔々の遺跡のような石段ですね。
posted by ロンサム・チカ at 19:53| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

室見駅〜赤坂駅まで散策E…元寇防塁!

IMG_9591br.jpgIMG_9602bt.jpg まだまだいました川中、砂地で貝を取っている貝掘り名人が。

 砂地を後して、地下鉄へ…地下鉄で一気に帰ろうと。切符売り場でお金を投入…あとはボタンを押すだけ…この日は、僕の人差し指が止まった

 乗るよりも歩こう…を選択です。歩ける駅まで歩いてみようでした。室見駅から藤崎駅まで…とりあえず歩いてみよう。東へ東へ…その前に水分補給。この決断が…地下鉄に乗ることなく全てを歩くことに…歩いたぁーーーです。

 金屑川に掛かっている「とびいしばし」を渡り、東へ。大通りから1本入った通りを東へ東へ…地図を見て元寇防塁跡(げんこうぼうるいあと)が2つ…久しぶりに行ってみるか…でした。

 1つは、埋没した防塁跡、1つは、長さ数十メートル、掘り下げて復元展示されている元寇防塁跡です。

 文永11年(1274)に蒙古(元寇)の襲来を受けた鎌倉幕府は、建治2年(1276)に博多湾の海岸線に石の防塁を築いて再度の来襲に備えることに、これを元寇防塁(げんこうぼうるい)、元寇防塁は西の今津から東の香椎浜までの約20kmに渡って築かれた。そのほぼ中間にあたるのが西新・百道地区のここの防塁です。文永の役(1274年)では蒙古がこの百道浜に上陸し、祖原、鳥飼、赤坂一帯が戦場となったそうです。

 この辺りで今日は終わりにします。この続きは明日以降に
posted by ロンサム・チカ at 22:15| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室見駅〜赤坂駅まで散策D…川沿いの2景!

IMG_9568ym.jpgIMG_9572oz.jpg 砂地を40分ほど散策し、陸へ上がると…「おっ、美味しそう(心の声)」。大きな熟した実がいっぱい枝に付いていました…ヤマモモですね。実が大きいです。

 根元には、熟し落ちた実がいっぱいでした。

 駅に向かって歩いていると、軒先につるされた手ぬぐい…それには、「おこぜ」の文字が…。このお店では、夏の風物詩のようになっています。今でいう看板、昔は何て言ったんでしょうね、情緒がある手ぬぐいです。
posted by ロンサム・チカ at 21:42| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室見駅〜赤坂駅まで散策C…砂地の風景!

IMG_9528tb.jpgIMG_9547sj.jpg 再び歩道橋へ戻り、上って、降りて…ここはエレベーターがついていましたが…歩く。川へ行くと砂地の風景が変わっていました。河口付近だから雨後は極端に砂地の形が変化しています。今回は、久しぶりでしたが…砂地が平らになっていました。

 砂地には、透明なクラゲが転々としていました。砂地には、貝殻、陶器片、黒い小石が点在しています…黒い石は石炭らしいです。大きな流木もありました。木は皮が剥げて砂地に横たわっていました。やはり、砂地を歩くとワクワクします
posted by ロンサム・チカ at 21:22| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室見駅〜赤坂駅まで散策B…行き止まりの石段、サボテンの花!

IMG_9501id.jpgIMG_9499sh.jpg 歩道橋を渡って向かい側へ…小高い丘と緑があったので言ってみよう…この日は、普通のスニーカーだったけど…肝心の予定が全てなくなったのでスニーカー散策ゴーです。

 初めて歩く場所です。坂道を上り、緑に近づくと、細い石段が上へ伸びていました。坂、石段、坂、石段。丘の上にはマンション、一軒家が…この石段は、向こう側へ抜ける降りる道へ通じているだろう…「よしっ、上ってみよう(心の声)」。石段は、きますねぇー、汗です

 一つの石段を征服し、次の石段へ…もう少しで石段が終わる…「ん」。行きどまりかぁーーー突き当りは一軒家でした。心にはキツいUターンでした。

 そんな傷ついた心を癒してくれたのは、黄色いサボテンの花でした
posted by ロンサム・チカ at 20:55| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室見駅〜赤坂駅まで散策A…都市高の裏!

IMG_9483tk.jpgIMG_9486tu.jpg まずは、川へ行ってみよう。いつもとは違うルートで。ここは福岡都市高が走っています。「ん?、あった?(心の声)」。こんなところに歩道橋があったか?…いや、忘れていただけなのか…上がってみよう。

 歩道橋の上へ行くと、近い、高速道路の真下、裏側が近い。この巨大建造物も人間が作り上げたんですよね、人の力って凄い。通過する車が小さく見えます
posted by ロンサム・チカ at 20:35| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室見駅〜赤坂駅まで散策@…ミカンの木、霞む山の風景!

IMG_9468mk.jpgIMG_9473fk.jpg 先日の日曜日に歩いたぁーーー。地下鉄に乗り、目的駅で下車。まずは散策の前に…数日前に用事があるからと約束していたMの家に…ピンポーン…ピンポーン…ドアが開かない。「ん」。ピンポーン、出ない、電話をしよう。出た、「今ドアの前」(僕)、ドアが開いて、僕の顔を見てポカーンとした顔、用事は?。「あっ、済んだ、朝一番で」(M)、「はぁーーーっ」(僕)、あれだけ念を押されて、代わりにどこどこに行ってほしいと…依頼されたのに…「来るとは思ってなかった」(M)と、「はぁーーーーっ」(僕)。「まあまあ」よくあることです。

 熱いお茶を飲んで、ベランダの植物を見て、それから遠くに見える山々はもやっています、そんな景色を眺めて。ベランダの植物がスゴイ、すべて食べた果物の種から育っています。みかん、ビワ、ぐみなどなどがベランダいっぱいに育ってます。小さな小さな植物園状態。みかんの葉をこすってにおうとミカンの香りがするぅーーー。少し前までみかんの花が沢山咲いていたそうです。

 「よしっ、散策に出よう
posted by ロンサム・チカ at 20:24| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ところてん…夏だ!

IMG_9445tt.jpg 食べたいと買ったところてん、冷蔵庫う入れていて数日が経過…昨日やっと食べました…夏だ。もちろん、酢を追加して
posted by ロンサム・チカ at 19:53| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | これは美味い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

お染香油瓶…発掘品です!

IMG_9426ta.jpgIMG_9428ty.jpgIMG_9435sr.jpg 







 このタイプのビンはよく出てきます…椿油系のビンです。でも、このビンにはシールが残っていました…持ち帰ろうです。蓋があったらもっとよかったのに。帰ってシールの部分を慎重に洗っていると、ポロリ落ちました…紙だと思っていたらビニールです。写真を撮っている時は、水で貼り付けて…終わったら接着剤できっちりつけました。

 エンボスは、裾に「お染椿」、ビン裏に「〇(に)N」、シールに「お染香油」、「(芸子さん姿の絵)」、文字は、「高…香」、「…」は不鮮明、「黒髪の美」とあります。絵のモデルは、歌舞伎などに登場する豪商油屋の娘、お染のようです。

 高さ9.0センチ、底1辺4.6センチ。割れ欠けありません。
posted by ロンサム・チカ at 21:28| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wakamoto瓶…発掘品です!

IMG_9418tb.jpgIMG_9416wk.jpgIMG_9420ay.jpg 数か月前の筑肥線散策、透明なわかもとビンです。内側の一部に汚れがこびりついていたので長期間に渡って漂白剤の中へ入れていました。取り出して、ゴシゴシと汚れを落として洗浄です。わかもと…胃の働きの弱い人、腸の働きの弱い人、体調が気になる人に方にいいそうです。

 エンボスは、「Wakamоtо」、首に「わかもと(×2)」、胴に「|−(線)」、ビン裏に「…9…」とあります。ビン裏の文字は不鮮明です。高さ11.2センチ、底径4.9センチ。割れ欠けありません。
posted by ロンサム・チカ at 21:06| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味の素瓶…川で拾いました!

IMG_9413kb.jpgIMG_9411aj.jpg ちょっと前の川散策。さすがに流れがある川で拾うと擦り傷多しです。

 エンボスは、ビン裏に右書きで「素の味 15」とあります。高さ7.0センチ、横幅4.3センチ、奥行き1.8センチ。割れ欠けありません。
posted by ロンサム・チカ at 20:51| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする