2017年06月18日

貝塚沿線散策F…紫色の葉、アリと柿、膨らんだ影!

 森を散策すること、数時間…藪蚊がスゴイ。新たに買った虫よけスプレーを何度もシューっシュッと…それをすり抜けた藪蚊が…刺す、刺される…勿論刺された時の薬も準備です。
IMG_1050MH.jpgIMG_0826KA.jpg
 少し日が傾いて来た。そろそろ帰る準備だ…満足満足の森散策。森の横を歩いていると、また見つけた紫色。今度は花ではなく、葉が紫色です。三角形の葉、これは…緑色の葉と、紫色の葉が…枯れて行っているのか、紫色は…それにしても気を惹く色、紫色です。なんという植物だろう?。

 今度は、道の脇にオレンジ色の物が…近づくと柿です。野生の柿の実がいくつも落ちています…そこにアリが集合。柿の上でジッとしています、甘い甘い養分を吸ってますね。
IMG_1203AS.jpg
 駅まで歩くこと25分。まずは、ホームのベンチに腰を掛けて飴玉と水分補給…足を伸ばそう。空はまだ青いが、体力が持たない




IMG_1224ST.jpgIMG_1235NK.jpg
 スムーズに貝塚駅到着、乗り換えで地下鉄のホームへ。ここでは座らず、あちこちを激写。西日が僕の影を写しだしています。来る時よりも、帰る時の方がリュックが少し膨らんでいました…やった。列車が入ってきました。

 帰宅して、全て洗濯。温めのシャワーです
posted by ロンサム・チカ at 22:58| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貝塚沿線散策E…水田、オタマジャクシ、ため池!

IMG_0820SD.jpgIMG_0719OJ.jpg 上ったら下りる…長いコンクリート製の階段を…上から水田が見えました。近づいて、しゃがんで…動く黒い物…オタマジャクシです
IMG_0736TM.jpgIMG_0732TO.jpg
 田舎、山沿い、水田…ため池有りです。高い所に金網のフェンスが…あれだ。鉄条網のフェンスにはいろいろな注意書きが…「ぉぉっ、名前だ(心の声)」。ため池にも名前が…「山ノ神池(やまのかみいけ)」です。神ならとりあえず手を合わせました
posted by ロンサム・チカ at 22:25| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貝塚沿線散策D…不老水、山城!

IMG_1065FS.jpgIMG_1074NM.jpg 少しだけ逆戻りだけど…歩こう、次はあそこだ…不老水だ…僕は二度目、いや3度めかも。日本名水100選に選出される名水。時の大臣であった武内宿禰(たけうちのすくね)は天皇に仕え、天皇へお出しする料理を作るのに使い、また自分の食事やお酒を作るのにこの水を使ったとされる湧水。その武内宿禰は360歳まで生きたとの伝説も…不老水だ

 並んでいました…少し。僕は3組目。柄杓(ひしゃく)で少しだけ不老水を汲み、少しだけ手のひらに移して口にしました。飲むというより渇きをいやした程度です。

 「よし、上ってみよう(心の声)」。「えぇーー」でした。風景が変わっていました…たぶん、この辺りは森、竹藪だった所…そこに新居が並んでいました、新たに開発されている。高台に上ると、香椎台でした。高台から今まで歩いてきた道を眺めました…風がいい。
IMG_1081FK.jpg
 静かで、全てが”新”です。歩いていると子供の歓声、公園で野球やってました…数人です。香椎台おいのやま公園です。





IMG_1087YJ.jpgIMG_1095MK.jpg
 中に入ると、案内板があります、絵図、模型も…城だ。「この公園の北50ⅿに御飯ノ山(おいのやま)・城ノ腰山(じょうのこしやま)と呼ばれる標高90ⅿほどの小さな山がありました。山の頂上には室町時代〜戦国時代の山城があり、山のふもとには館が築かれていました。……」と。「どの辺りだろうー、次は…(心の声)」。次に訪れた時には、歩いてみよう
posted by ロンサム・チカ at 21:59| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貝塚沿線散策C…赤煉瓦、白塀、紫、生命力!

IMG_0645ar.jpgIMG_0661sk.jpg 香椎宮を離れて…歩くこと5分、僕が好きな風景が1つ、2つとありました…赤煉瓦、白塀どちらも蔵のようです。




IMG_0690tb.jpg
 この辺りは、森が多い所。歩いていると、様々な植物が目に飛び込んできます。道路脇には幾種もの植物が花を咲かせています。鮮やかな紫の花…これは薊(あざみ)かぁー。
IMG_0697sd.jpg
 道路から森へ通じている細い獣道のような道…入れる森を見つけるとゴー。薄暗い森の中、シダ植物に光が差して…シダ植物を見るといつもシダ植物の葉の化石が一番に頭に浮かんできます…絶えることのない生命力
posted by ロンサム・チカ at 21:09| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貝塚沿線散策B…香椎参道風景、動き出す?、筋トレ!?

IMG_0995ks.jpgIMG_0993fk.jpg 香椎参道…長いクスノキのトンネルが約1キロ、大正15年(1926)2月11日の建国記念日に大きさを3m以下としてされたクスノキの165本の苗木。それを大八車や自動車で朝早くから搬入し植えられたそうです。1本1本、団体から贈られた苗木には…香椎宮の資料室には165の団体名が順番通りに「楠並木の植栽図」があるそうです。

 途中にある踏切があるんですが、歩いていると何か暗い…「んっ?」。上に高架橋が、それで暗くなったのか踏切。高架橋は新設されたんですね。
IMG_1025kj.jpg
 歩いて香椎宮に到着。休憩所・売店は変わってなかったですねぇー。変わりそうで変えないところがいい

 香椎宮の森。小道を歩いていて…「ぉぉおっ、生きてる」。今にも動きそうな朽ちた切り株。前足を伸ばして…何かのアニメに出てくるアレに似ている…と僕は感じました
IMG_1042yk.jpgIMG_1055kt.jpg
「おおっ、筋トレだ」。偶然にも穴を貫いて成長
posted by ロンサム・チカ at 20:43| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貝塚沿線散策A…万葉歌碑、丘から!

IMG_0570ks.jpg 目的駅に到着。ここ香椎は、松本清張原作の「点と線」の舞台の1つ。昭和32年(1957)に雑誌「旅」に連載された「点と線」。ん〜〜その当時の駅舎、香椎潟の風景から一変しています。…ドラマ「点と線」再放送してほしい
IMG_0577kh.jpg
 香椎宮の頓宮(とんぐう)へ行くと、香椎潟(香椎の干潟)を詠った万葉歌碑があり3首の歌が刻まれています。
 いざ児ども 香椎の潟に白妙の 袖さえぬれて 朝菜つみてむ「大伴旅人」
(さあみんな 香椎の潟で 着物の袖までぬらして 朝食の海藻を摘もうよ)

 時つ風 吹くべくなりぬ香椎潟 潮干の浦に 玉藻刈りてな「小野老」
(海からの風が吹き出しそうだ 香椎潟の潮の引いている入り江で 早く藻を刈ろうよ)

 往き帰り 常に我が見し香椎潟 明日ゆ後には 見むよしも無し「宇努男人」
(太宰府の往き帰りに 見慣れた香椎潟 もう見納めで 明日からは見れません)
IMG_0613ok.jpg
 香椎宮の頓宮(とんぐう)の丘から香椎潟方面を望む…その昔、昭和初期までは、この丘のふもとまで波が打ち寄せ、丘上からは、まだ潮干狩りのできる遠浅の磯浜を見渡すことができたらしいです。

 
 
posted by ロンサム・チカ at 19:24| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貝塚沿線散策@…地下鉄、駅ホーム、600型!

IMG_0940sr.jpgIMG_0941DI.jpg 昨日は、地下鉄⇒貝塚線に乗り散策に出かけました。地下鉄のホーム、新たな注意書きが出来上がって…乗車位置のデザインが新たに変わっています。整列だ

 空港行きと貝塚行き…貝塚行きはわりと空いています…ゆっくりと読書タイム
IMG_0962st.jpgIMG_0976rg.jpg
 貝塚駅のホームはガランと空いていて…貝塚線の車内も意外と空いています。先頭車両の座席が空いていました…運転席を覗くと600型のプレート。製造年月は昭和37年7月。車内温度は、28.5度。扇風機が回っています…ついに始動か
IMG_0982js.jpg
 ”乗務員室”、この文字が昭和37年を物語っています
posted by ロンサム・チカ at 18:14| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カレー曜日…ひりひり!

IMG_1250cr.jpg 辛口レトルトカレー曜日。久しぶりに食べると、口の中と喉がひりひりと心地よい刺激、美味しかった
posted by ロンサム・チカ at 17:37| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これは美味い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする