2017年06月13日

ライジングサン石油瓶…発掘品です!

IMG_4618RS.jpgIMG_0277ab.jpg 地下鉄沿線散策…雨後の…斜面の土が削られて、そこに胴の部分が出ていました。最初見た時は酢のビンだと思って…掘り出すと「おおおぉーーーっ」と脈拍が上がりました。透明なビンは随分前に川で拾っていますが…今回は色がありました
IMG_0284gn.jpgIMG_0289sk.jpg
 エンボスは、右書き縦2行で「登録 (ロゴ) 商標」、2行で「ライジングサン 石油株式會社」とあります。高さ17.1センチ、底径6.0センチ。割れ欠けありません。気泡がいっぱいです

 1833年…先代マ−カス・サミュエルがロンドンに東洋の貝殻を扱う店舗を開店。これがシェルのトレ−ド       マ−クの起源。
 1900年(明治33年)4月11日…ロイヤル・ダッチ・シェル(当時は前身のサミュエル商會)の日本法       人としてライジングサン石油株式會社設立。
 1909年(明治42年)…ライジングサン石油の西戸崎製油所竣工。
IMG_0282kb.jpg
 このビンは、西戸崎製油所で作られた石油が入っていたのかもしれません。

 「やったぁーー」。
posted by ロンサム・チカ at 21:12| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450834895

この記事へのトラックバック