2017年06月21日

養命酒瓶…発掘品です!

IMG_5457ys.jpgIMG_1340SM.jpg 約1か月半前の地下鉄沿線散策で土の中から出てきました。掘っていると、最初にコツン。そしてゆっくりと掘っていると口の部分が出てきました…これは期待できる口の形。期待しながら掘り出すと「おぉおおーーっ、やった」。ウィスキービン?、いや違う文字がありました
IMG_1330NN.jpgIMG_1333YS.jpg
 エンボスは、龍が翼を持ち、空を飛んでいる姿「〇(に飛龍のロゴ)」、右書きで「酒命養」とあります。高さ6.4センチ、横幅(肩)8.8センチ、奥行き(肩)7.3センチ、横幅(底)3.8センチ、奥行き(底)3.3センチ。割れ欠けありません。大小の気泡が入っています。
posted by ロンサム・チカ at 22:04| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

HIGGINS INK瓶…発掘品です!

IMG_8672fs.jpgIMG_1312SM.jpg 先月の地下鉄沿線散策、森の土手を歩いていると陶器片が…それから注意深く下を向いて歩いていると、ビンの口と胴の部分が出ています…見逃さない。蓋が栓式…「よしっ」。あとは、欠けていないことを祈りながら掘り出すと…完品で文字ありました

 エンボスは、ビン裏に「・DRAWING INK HIGGINS・H(と)A(のロゴ)2」とあります。高さ4.7センチ、底径4.5センチ。割れ欠けありません。首が少し末広がりなデザインがいいです
IMG_1316HG.jpgIMG_1319SU.jpg
 1880年にアメリカで発売以降、世界中で愛用されている高品質なヒギンズインク。鮮やかな発色、乾くと水に濡れてもにじまない性質でペンや筆で塗って絵を描くインクのようです。アメリカ製のようです。「やったぁー」。

 
posted by ロンサム・チカ at 21:19| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

ライジングサン石油瓶…発掘品です!

IMG_4618RS.jpgIMG_0277ab.jpg 地下鉄沿線散策…雨後の…斜面の土が削られて、そこに胴の部分が出ていました。最初見た時は酢のビンだと思って…掘り出すと「おおおぉーーーっ」と脈拍が上がりました。透明なビンは随分前に川で拾っていますが…今回は色がありました
IMG_0284gn.jpgIMG_0289sk.jpg
 エンボスは、右書き縦2行で「登録 (ロゴ) 商標」、2行で「ライジングサン 石油株式會社」とあります。高さ17.1センチ、底径6.0センチ。割れ欠けありません。気泡がいっぱいです

 1833年…先代マ−カス・サミュエルがロンドンに東洋の貝殻を扱う店舗を開店。これがシェルのトレ−ド       マ−クの起源。
 1900年(明治33年)4月11日…ロイヤル・ダッチ・シェル(当時は前身のサミュエル商會)の日本法       人としてライジングサン石油株式會社設立。
 1909年(明治42年)…ライジングサン石油の西戸崎製油所竣工。
IMG_0282kb.jpg
 このビンは、西戸崎製油所で作られた石油が入っていたのかもしれません。

 「やったぁーー」。
posted by ロンサム・チカ at 21:12| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舐め菓子瓶…川で拾いました!

IMG_7694NB.jpgIMG_0295nb.jpg これは…おもちゃか、そうではないのか…小さな舐め菓子びんだと信じます

 筑肥線沿線散策で…川で拾ったんですけど、よく目に入ったと思います…小さすぎる
IMG_0299sk.jpgIMG_0300yk.jpg
 洗浄⇒漂白⇒洗浄しましたが、まだ青い水苔が残っています。強く洗いすぎると割れると思うので…ここまでにしよう

 高さ1.2センチ、口縁径2.5センチ、高台径1.7センチ。割れ欠けありません。
posted by ロンサム・チカ at 20:50| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インクビン…発掘品です!

IMG_0270ib.jpgIMG_0273yk.jpg これは、数か月前に発掘したインクビンです

 泥まみれでも気泡が入っているのが分かりました…持って帰ろう。洗浄すると、少しだけヒビが入っていました

 高さ6.4センチ、底径5.5センチ。割れ欠けありません。首の部分、縦に1つヒビがあります。
posted by ロンサム・チカ at 20:42| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

味の素瓶…川で拾いました!

IMG_7700AJ.jpgIMG_9644aj.jpg 砂色で隠れていますが…形は味の素ビンです。川水で洗ったんですが、口に栓が残っていて…帰って洗浄だ

 帰って洗浄していると…コルク栓をとって中の水を出して、まだビンの中に細い物が残っている。取り出すと、金属製の耳かきのような物が出てきました「おぉーーっ」。今にも折れそうだったので…歯ブラシでゆっくり、優しく洗浄しました…汚れ完全に落としませんでした…折れそうだ
IMG_9648bu.jpgIMG_9654ks.jpg
 これは、味の素のビンに付いていた計量スプーン?、それとも買った人が「これは使える、大きさも、長さもぴったりだ」と、別の目的に作られた物を使い始めたのか?…分からない。それにしてもこのビンにピッタリです。金属製の計量スプーン?が入っていて、その上からコルク栓が塞いでいました…ピッタリ

 エンボスは、ビン裏に右書きで「…の味」とあります。「…」の部分は不鮮明ですがたぶん「素」の文字があると思われます。高さ10.2センチ、横幅(肩)4.2センチ、横幅(底)3.7センチ、奥行き(最大)2.1センチ、軽量スプーンの長さ9.0センチ…先は、つぼになっていて、柄尻(えじり)の先端は、Uの字の形に、柄は円柱になってます。
posted by ロンサム・チカ at 22:30| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食用紅瓶…川で拾いました!

IMG_7692sb.jpgIMG_9659sb.jpg 石と石の間に転がっていた小さなビン…「欠けなく文字よあってくれー(心の声)」と拾い上げて確認すると欠けていなくて文字有りました

 エンボスは、右書きで「許官」、縦書きで「食用紅」とあります。官許なんて古さを感じます。この食用紅は何用だったんだろう?。
IMG_9663yk.jpg
 高さ3.7センチ、底径2.2センチ。割れ欠けありません。首に0.7センチほどのヒビ(縦に)が入っています。口の部分が広がっています…製瓶時に軽く押さえて作った口でしょうか。
posted by ロンサム・チカ at 22:07| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

灯明皿…川で拾いました!

IMG_7705tz.jpgIMG_9667tz.jpg この前の筑肥線沿線散策…川で拾いました、美、綺麗すぎる灯明皿です。

 この川では、よく灯明皿に出会いますが…小さな薄い欠けはるけれど大きな欠けがない綺麗な灯明皿は”初”かもしれない。
IMG_9669yk.jpgIMG_9671ur.jpg
 高さ2.9センチ、口縁径5.5センチ、受け皿直径7.4センチ、高台径4.0センチ。割れなし、薄くて小さな欠けがあります。
posted by ロンサム・チカ at 21:55| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

石蹴り…発掘品です!

IMG_6928jb.jpgIMG_9005ik.jpg 「おおぉぉっ」でした。思いもよらない、想像してなかった物が出てきました。「石蹴りだ」。

 こんな石蹴りは”初”です。表面が玉虫色に…銀化のようになっています。調べると、時が経過して銀化したのではなく、加工されたもののようです…ラスター(銀化)というようです。
IMG_9003nj.jpgIMG_9006as.jpg
 エンボスは、「(馬に乗った人)」、「70」とあります。乗馬をしているのは、僕には軍人のように見えます。「70」には意味があるんでしょうが、分からない。直径5.3センチ、厚さ(約)1.0センチ。割れなし、一部が欠けています。
posted by ロンサム・チカ at 22:17| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食品工業瓶…川で拾いました!

IMG_6477my.jpgIMG_8980sk.jpg この前の博多川散策で…水深4センチ、水の中に沈んでいるビン形を発見。一目見てマヨネーズビンだでした。取り上げると全身が水苔で覆われていました。ビン裏に文字がありました…やはりマヨネーズビンでした。「やったぁー」。ゴシゴシと金属ブラシで水苔を落とし、歯ブラシで落とし…漂白剤に浸けて置いて…数日後に再洗浄で綺麗になりました

 ビン裏に、右書きで「野中京東・社會式株業工品食 5 △」とあります…「京」の「小」の部分が不鮮明です。食品工業(株)は、1919年(大正8年)に設立した現在のキューピー(株)の前身。このビンは、1925年(大正14年)に発売された日本初のマヨーネーズのようです。
IMG_8985yk.jpgIMG_8992tn.jpg
 高さ9.4センチ、底径5.5センチ。割れ欠けありません。光に透かすと、縦に曲がりくねった茶筋がいっぱい入っています。ビン裏を光の当たり具合を変えるといろんな色が浮かんでくる銀化があります。
posted by ロンサム・チカ at 21:59| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都紅本舗瓶…川で拾いました!

IMG_7668mk.jpg この前の筑肥線沿線散策、川で拾いました。この川、この場所でよく出てくる小ビンです



IMG_8970mh.jpgIMG_8973yk.jpg
 エンボスは、右縦書きで「都紅本舗」とあります。食用紅ビンなのか?、口紅ビンなのか?…分かりません。高さ3.6センチ、底1辺2.0センチ。割れ欠けありません
posted by ロンサム・チカ at 21:35| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

クリーム瓶…発掘品です!

IMG_7768sm.jpg 「おぉっ、色がいい(心の声)」。この前の貝塚沿線散策で…土から出てきた時の感想です。クリームビンか?、文字を探すと…ビン裏には、時計の文字盤がありました…予想外の文字盤に「やったぁーーーー」です。
IMG_7773tk.jpgIMG_7776ps.jpg
 エンボスは、「PIAS NINE COLD」、ビン裏に「9 10 11 12 1 2 (長針、短針の針)−(斜めの線) H5」とあります。9時から2時までの文字盤です。針は、丁度9時を指しています。午前なのか?、午後を指しているのか?…この意味は。ピアス化粧品のクリームビンのようです。最初は、靴系のクリームでは?と想像したんですが。

 直径3.6センチ、底径6.7センチ。割れ欠けありません。
posted by ロンサム・チカ at 20:06| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨーグルト瓶?…川で拾いました!

IMG_7413mk.jpgIMG_7789sm.jpg 先日の御笠川散策、砂に埋まって半分だけ出ていて水苔に覆われていました。河口付近、海水と淡水が混ざり合うところ…帰って洗浄、漂白剤…再び洗浄しても潮の香りが少しだけ残っています。

 たぶん、中にはヨーグルト系の飲み物が入っていたビンだと思います。砂から取り出して、形を確認して…すぐに川水で洗いました「ヨーグルト」の文字があるような雰囲気だったので…でも、文字有りませんでした。唯一のエンボスは、ビン裏に「(楕円形の中に)TO」とあります。製瓶会社、新東洋硝子(株)の刻印だと思います。
IMG_7785yk.jpg
 高さ10.0センチ、底径3.2センチ。割れ欠けありません。
posted by ロンサム・チカ at 19:50| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インク瓶…発掘品です!

IMG_7779ib.jpgIMG_7780yk.jpg このインクビンは、荒戸散策で発掘しました

 文字はありませんが、小さな気泡が多くて全体に製瓶時に付いたと思われる皺が入っているところがいい

 高さ5.0センチ、底径4.7センチ。割れ欠けありません。
posted by ロンサム・チカ at 19:39| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

ヒマシ油瓶…発掘品です!

IMG_5463jt.jpgIMG_7489jt.jpg 今月の上旬の森散策…積もった落ち葉を熊手で取り除いている時に出てきました

 エンボスは、「福岡 戸畑 順天堂製薬所 電二五七」、「〇(に)一 ヒマシ油」…ヒマシ油の上の部分に文字らしきものがありますが不鮮明、側面に「|−(線のメモリ)」とあります。

 ヒマシ油って薬?、薬品?…どんなものだったのだろう?。分かりません。
IMG_7490mm.jpgIMG_7496cc.jpg
 高さ8.6センチ、横幅3.2センチ、奥行き2.2センチ。割れ欠けありません。口部分の一カ所に凹みが入っています…たぶん、注ぎ口だと推測。口と首の部分にヒビのような物がありますが、たぶん製瓶時に出来たと思われる皺だと思います。
posted by ロンサム・チカ at 22:10| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一口叩き式点眼瓶(ビニール製)…発掘品です!

IMG_7478sc.jpgIMG_7482ht.jpg 先日の貝塚沿線散策で土の中から出てきた物…「ん??、目薬?…」。よく見ると、目薬の容器のようです。それも一口叩き式点眼瓶だ。それもビニール製だ

 物資不足で…ゴムを節約するために作られた目薬ビン・一口叩き式点眼瓶。それのビニール版です。こんなものまで作られていたのか…と思いました。ビニール製だからどこを押しても目薬は出てきます。
IMG_7487uc.jpg
 エンボスは、胴に「−(凸線)」とあります。長さ7.9センチ、横幅2.4センチ、厚さ1.8センチ。割れなし、下部の口のスクリュー式の蓋の一部が欠けています。よく朽ちずに残っていました、少々珍しい目薬容器です
posted by ロンサム・チカ at 21:49| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

清涼飲料水瓶…発掘品です!

IMG_4888ns.jpgIMG_6799zt.jpg これも約1か月前の室見周辺散策で発掘品です。発掘というより落ち葉の間から底の部分が見えていました…僕の場合、森で出会ったビンは発掘にしています

 拾い上げると「おぉぉーーーっ」と少し脈が上がりました…少しだけ。割れてない、欠けてなぁ〜〜〜〜い。「よしっ」。

 帰って洗浄する時は、細い針金を上下させながら一つ一つの汚れを取りました。あまりやると割れそうなので…完全には汚れを落としませんでした
IMG_6792fo.jpgIMG_6789cc.jpg
 エンボスは、「福岡懸清涼飲料水」、「同業組合」とあります。清涼飲料水は、どんな色、味をしていたんだろう?。高さ13.3センチ、底径2.8センチ。割れ欠けありません。楕円形の気泡、大小の丸くて小さな気泡…が、いっぱい入っています。
posted by ロンサム・チカ at 21:12| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みかん水瓶(ダルマ型)…発掘品です!

IMG_4908ms.jpgIMG_6784ms.jpg 約1か月前の室見川周辺散策で…落ち葉を取り除いていた時、目先にビンの口の部分が…「また、ぁ〜ガラス徳利かぁ〜」と思って。この場所からはとにかくガラス徳利ビンが出てきます。胴の部分に酒銘がプリントされた…出てくる出てくる

 そう考えながら取り出すと、一転「おぉーーっ違う」。一目見てみかん水ビンだと…たぶん。
IMG_6786cc.jpgIMG_6780sk.jpg
 調べると、ダルマ型のみかん水ビンに似ています。高さ8.4センチ、底径4.4センチ。割れ欠けありません。全体に大小のいろんな形の気泡が入り、底裏はゴツゴツしています…いい
posted by ロンサム・チカ at 20:58| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

BUMPODO COMPANY瓶…発掘品です!

IMG_4416bc.jpgIMG_6049kt.jpg 熊手を何回か振るって…コロリと土の中から出てきたビン。このタイプのビンはたまに出会います。手に取ると「ウソだろーー」って声が出てしまいました。胴の部分に英文字があったからです

 たまに観ている欧米の”Bottle digging”の動画…それによく登場する(今回僕が発掘したビンと)同じようなデザインのビン。文字がいっぱいあります。その動画を思い出したからです…最初は、アメリカ製のビンかと…土を払って文字を確認すると…日本だ、東京だ
IMG_6056bt.jpgIMG_6064my.jpg
 エンボスは、「BUMPODO COMPANY KANDA TOKYO」とあります。「KANDA TOKYO」とあるからあの文房堂(ぶんぽうどう)のようです。創業明治20年(1887年)の老舗画材店の…ビン?…何だ。高さ10.5センチ、横幅3.3センチ、奥行き2.0センチ。割れなし、裾に小さな小さな欠けが2カ所あります。

 たぶん発掘したビンは、油絵を描く時に絵の具に混ぜて使用する溶き油が入っていたんだと想像します。僕にとって珍ビンだ
posted by ロンサム・チカ at 18:53| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

INOUE INK瓶A…発掘品です!

IMG_6042in.jpgIMG_6045yk.jpg 同じ所から出てきた同じ文字のインクビンです…が、デザインが違いました「やったぁーー」。

 エンボスは、「INOUE INK」、胴の一部に「|(ギザギザ)」とあります。高さ4.3センチ、底径3.7センチ。割れ欠けありません。このINOUE INKビンの口はおちょぼ口のように@のインクビンに比べて少々閉じ気味になっています。こちらのインクビンの方が@に比べ古そうです。
IMG_6047gz.jpg
 小さなインクビンなので携帯用だったのかもしれません。
posted by ロンサム・チカ at 18:28| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスビン収集、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする